クロちゃん

 子供の時に飼っていたシェパードの 「クロ」 大好きな犬でした。
クロちゃんが我が家に来たのは、母が亡くなって暫くたった私が7歳。
小学校1年生が終わる頃だったと思う。
そうクロは本当に自分で我が家に来た犬だった。
母が亡くなる少し前から私と姉は両親の部屋で寝ていた。
母が亡くなってからもそれは変わらず、ある朝起きると父が、
「夜中に外で子犬の声がするので出てみると、子犬が居たので繋いでおいた。」
と言う。たしか歩きだして暫くたった頃のまだ耳がたれてただの
黒い子犬に見えたと記憶している。
後に父がよく「繋いでおいたらシェパードになった。」と言っていた。
今でもよく姉とそんなことがあるのかねぇ。と話をするが、本当なのだろう。
父に言わせるとクロちゃんは純潔のシェパードでは無いらしかった。
父は私が生まれる前にもシェパードを2頭飼っていたらしく、クロちゃんは
少し足が長くてスマートすぎるらしかった。
 
クロは本当にすばらしい犬だった。
なぜそう思ったのか解からない。今思うと普段は外に繋がれていて、
当時犬用の器などではなく、アルミの洗面器のような物にえさを入れて持っていくと、
全身で喜びを表して踊ってみたり、えさを置いてお座りをさせると、
クロちゃんのしっぽの周りの土が扇方に綺麗に掃いたようになったり。
別に全然名犬じゃない。
昼寝をしているくろちゃんの黒い唇を触るのが大好きでした。
一緒に居るのがとても好き。
なぜあんなに暖かかったのか。
 父は私達にはとても優しい父でしたが、クロちゃんには厳しい
飼い主だったと思います。
あんなに良い子なのにある日クロちゃんが何をしたのか
ひどくしかられました。私はなんだかわからないままクロちゃんを抱いて
一緒に泣きました。クロも泣いていました。その時犬も本当に泣くんだ
と思ったことを憶えています。
 よく父は私たち姉妹とクロちゃんを川に遊びに連れて行ってくれました。
とは言っても、車に乗るのは父と私達だけ。
そう、クロちゃんは私達のゆっくり走る車の後を一人でお散歩しながら
付いてくるのです!!
いくら田舎とはいえ、今では考えられないことだとおもいます。
 とにかくクロちゃんは父が言うこと思うことがよ〜く解かるようでした。





      クロちゃんは結局フィラリアにかかって 亡くなりました。

         先日うーの獣医さんにフィラリアの薬をいただきに
            行ったとき、昔のフィラリアの薬のことを
                         お聞きしました。
                 昔(30年程前)のフィラリアの薬は
                        あまり完璧でなく
            毎日飲ませなければいけなかったそうです。

                  そういえば父は夏になると、蚊よけの
                  電球を犬小屋につけたり、それなりに
                    気遣いをしていたように思います。

           フィラリアにかかってしまったクロちゃんはそれは
                           かわいそうでした。
           獣医さんが往診に来てくれて、診察をしてくれて、
               溜まった腹水を注射器で抜いていました。


                私の人生で初めての犬がクロちゃん。
               その後父は何匹かの小型犬を飼いました。
         私の大きいわんが好きはクロちゃんのお蔭。
       そしてその思いを確信させてくれたのはうーちゃん。
     今私はうーのお蔭であの当時したくてたまらなっかった、
        一緒に寝んねしたい。一緒に車に乗りたい。
          一緒に一緒にを実現させてもらっている。

      でもクロちゃんはあれで幸せだったと思っている。
      室内飼いでなくても、病気になっちゃたけど。
             父のことが大好きで、
       父も私たちもクロちゃんが大好きだったから。

          優しかった父も他界して、
     今はクロちゃんと母と一緒に虹の橋をわたったことだろう。