まるまるまろんのマロンちゃん

       マロンちゃんのママ、えつさんより『Jr.のオーナーさんの声』をいただきました♪

以前より愛犬の毛を紡いで、編みぐるみが出来る事は知っていました。
いいな。作ってほしいな。っと憧れてみても、自分の中で決心がつかずいつの日か忘れてしまっていました。
決心がつかなった理由は、
@マロンの生い立ちが複雑だったこと。
Aマロンが高齢であること。
B重病を抱えていたということ。  そして
C貧毛な事。
マロンの生い立ちが決して幸せなものではなかったため、マロンへの想いが強すぎてマロンがいなくなった時にジュニアを受け入れられないかもしれない。
ABをまとめて考えると、今から一生懸命ブラッシングをしてまろ毛を集めても、間に合わない可能性がある。
仮に間に合わなかった時、ジュニアを受け入れられるか、マロンとの別れを受け入れられるか。。。
そして、Cの貧毛。ラブと間違われるほどの短毛ゴルのマロンは、抜けても抜いても普通のゴルには追いつかない。
まろ毛が集まらない可能性も高くて、そこで自分自身がけりをつけていました。
そんな時、ブログを通してうー母さんと出会い、HPへ遊びにお伺いしてうー母さんのジュニアに会い、
うー母さんがうーちゃんに注いでいる愛情の深さに触れ、『この人にまろじゅにあをお願いしたい』と、思いました。
そして勇気をふりしぼって、うー母さんにメールを送り『まろへの想い』を伝えたんです。
うー母さんはあたしの不安や悩みを理解してくれ、ぽんっと背中を押してくれたんです。

その日から改めてまろ毛の収集が始まりました。いつの日かこの手に届く、かわいいかわいいじゅにあを想像しながら・・・。
ただ、やはり換毛期も終わりに近づき、ただでさえ少ないマロンのアンダーコートはみるみるうちに抜けなくなってしまって。
今シーズンは無理だとまた諦めたときに、うー母さんが少しでも作ってみましょう!と声をかけてくださったんです。
本当に少量のアンダーコートを送り、マロンの表情から想像してくださったベロだしスタイルで
いよいよ完成間近となったときに起こった悲劇!まろ毛が足りない!なんて事も、うー母さんは見事にクリアしてくれました。
これぞマロン!という苦肉の策のしっぽをつけて頂き、完成でした。

背中を押してもらってから、出来上がりのご連絡を頂くまであっと言う間でした。
たくさんのメールでやりとりをさせていただき、たくさん気にかけていただき、感動の対面でした。

ジュニアをこの手で受け取りたいという気持ちと、うー母さん&うーちゃんに会いたい!と言う気持ちで
ジュニアをお迎えに行き、この手でうー母さんから受け取った時は、本当に感動でした。
メールで頂いていた写真から想像していた以上に大きく、まろスマイル満開だったんです。

本当は大切に飾っておかなければいけないのかもしれません。  でも、かわいいかわいい愛娘マロンのジュニアです。
ついついお出かけの際は、小さい袋に入れて連れて行ってしまいます。
おうちの中ではTVの上の飾り棚で、車ではダッシュボードの上、特等席を陣取って、いつも一緒に動き回っています。

マロン同様かけがえのない、我が家の宝となりました。

     
          うー母
   うーちゃんと良く似たマロンちゃん♪輝くような笑顔に似た編みぐるみになりましたでしょうか?
   ままさんのマロンちゃんに対する愛情がマロンちゃんの笑顔なのかな♪
   ありがとうございました〜〜〜。